毛穴ケア総合サイト*

毛穴の悩みはいくつになっても尽きない!主な症状と原因&対処法

20代から50代で、必ずと言っていいほど【自分が感じる肌トラブルランキング】に入るのが毛穴について!
中には若いころから今に至るまでずーっと悩んでいるけど、改善したことがないなんて人も。
毛穴トラブルの代表的なトラブルはこんな症状と原因があげられます。

角栓つまり

  • しっかりメイクも落としたのに毛穴に白いプツプツがつまっている
  • 肌のべたつき・テカりを感じる
  • オイリー肌だけど、乾燥も気になる

毛穴につまる白いプツプツの正体は角栓です。
角質と皮脂が混ざってできるものですが、皮脂が多い人・乾燥しやすい人はよく起こります。

肌のベタツキが多い人の場合、角栓となる余分な皮脂がつまるからというのは想像できますよね。
実は乾燥肌なのに角栓が起こる人が多いです。
どちらかと言うと、乾燥肌の人ほど感じやすいトラブルです。

これは、乾燥状態の肌を保湿しようと皮脂を過剰分泌してしまうから!
そうすることで、皮脂が多くなるだけでなく、毛穴も開きやすい状態になるので、古い角質が溜まりやすくなるのも原因です。

対策
乾燥肌の場合は、保湿をしっかり行いましょう。
オイリー肌の人は洗顔料を見直し、皮脂量を抑える効果がある化粧水を使用してケアしましょう。

黒ずみ

  • イチゴのように鼻がポツポツしている
  • 鼻だけでなく、頬全体もちょっと気になる

これは、毛穴に詰まった汚れを放置した結果、酸化して黒くなってしまったものです。
メイクをしっかり落としていない、洗顔で落とせなかった皮脂汚れが毛穴にそのまま詰まって残っている状態です。

角栓のつまりも放置してしまうと黒ずみになります。
こうなってしまうと、角栓が黒くなって目立つだけでなく簡単に取りのぞくことができないのです。

対策
洗顔料の見直しが必要です。
酵素系洗顔を使用するとより効果的♪
泡が汚れを吸着する泥洗顔タイプも◎です。

毛穴の開き

  • ファンデーションでカバーしたつもりでも、毛穴が主張している
  • 洗顔を泡ではなく、手でゴシゴシとこすって洗っている

洗顔をするときにしっかり泡立てていますか?
手のひらでゴシゴシ洗うと、肌に刺激を与えます。
外部刺激を与えると毛穴が開く原因に!

また、皮脂が過剰分泌して開きやすくなった毛穴に汚れが入り込むことで、収縮できず開きっぱなしになっているのも原因の1つです。
毛穴に汚れが入っている状態の形を記憶してしまい、元に戻らなくなってしまう人も!

対策
洗顔はしっかり泡立てて、丁寧に泡で行いましょう。
また開いた毛穴を引き締める収れん効果がある化粧水を使用する、皮脂の過剰分泌を防ぐためにも保湿をしっかりと行いましょう。

毛穴のたるみ

  • 毛穴の形が涙みたい
  • 毛穴の開きが大きくタテに開いている

これはたるみ毛穴です。
○ではなく、楕円形になってしまうと、メイクでもカバーしきれないことが多いです。

毛穴と毛穴が繋がると、まるでシワのようになってしまいます。
これは、30代後半の方に多く見られる症状!
紫外線対策をしっかりしないと、皮膚と一緒に毛穴も開いてたるんでしまいます。
加齢が原因で良く見られる症状です。

対策
肌全体の筋力を高めましょう。
表情筋をしっかりと鍛えたり、コラーゲン・エラスチンを増やして、まずは顔全体のリフトアップが必要です。

コメド

  • ニキビをよく見ると、なんだか芯のようなものが見える
  • 黄色っぽくなっている

コメドとは、ニキビの元です。
毛穴につまった皮脂・角質の固まりのことで、毛穴から少し顔をだしていることが多いので、ついつい爪でひっかいてとってしまいたくなりますよね。
でもこれはNG行動!ニキビのあとになってシミになってしまいます。

また、肌の乾燥が原因で過剰に皮脂を分泌することで毛穴がつまり、固まってしまったことでコメドになると、これをエサにしてアクネ菌が異常繁殖してニキビが・・・。

対策
ニキビができないようにしっかり保湿を心掛けましょう。
洗浄力の高いオイル系クレンジング・スクラブ入り洗顔は避けて、肌に優しいタイプのケアグッズを使用すると◎

洗顔以外でも効果アリ♪自宅でできる毛穴トラブル対策

その1 蒸しタオルパック

タオルを水でしっかり濡らして固く絞ってレンジでチン♪
だいたい40秒から1分が目安です。

始めからほんわかあたたかいタオルをパックに使用すると、タオルがすぐに冷めてしまいます。
熱っ!と反射してしまうくらい、しっかりとチンしましょう。
レンジから取り出すときはヤケドに注意!

手で触れるくらいまで冷めたら顔の上に乗せます。
毛穴をじんわりと広げる効果があるので、メイクや皮脂汚れが落ちやすくなります。

その2 冷却パック

クレンジング・洗顔したあとにすると効果的です。
洗顔はぬるま湯ですることで、毛穴を広げて落ちやすくしますが、そのまま広げたままではNG!
水で引き締めることがポイントです。
皮脂が活発なTゾーンや、乾燥しやすい頬をケアするとより効果的です。
パックが終わったらすぐに基礎化粧品でケアをしましょう。

その3 スプーンで冷やす

部分的な毛穴トラブルを感じている人にオススメです。
毛穴をしっかり冷却することで、引き締まる習慣がつくため、徐々に毛穴が小さくなっていきます。
即効性はありませんが、続けることで確実に効果が出る方法です。
まずは、1ヶ月続けてみて下さい。

  1. いつも通り洗顔・基礎化粧品ケアをする
  2. ぬるま湯で温めたスプーンの水気をしっかり取って、顔全体にかるく押し当てて温める
  3. 氷水で冷やしたスプーンの水気をしっかり取って、毛穴が気になるところにスプーンの腹をペタペタと軽くパッティングするようにして冷やす
  4. 顔全体がひんやりしたらOK!

スプーンを温めて毛穴を一時的に開かせたあとに、冷たいスプーンでパッティングすることで、毛穴がきゅっと引き締まる効果があります。
継続的にすることで毛穴の収れん効果が高まり、開いて形状記憶してしまった毛穴も小さくなって正常状態に戻ります。

その4洗顔ブラシを使ったケア

たいていの人は、洗顔料を泡立てネットでしっかり泡立ててから顔を洗っていると思います。
これを手ではなく洗顔ブラシでケアすることで毛穴の汚れをしっかり落とすだけでなく、マッサージ効果が高くなります。

洗顔ブラシを使用すると

  • 顔全体ムダなく洗顔できる
  • マッサージ効果が高い
  • 毛穴の汚れをしっかり落とす
  • 古い角質までオフできる

といったメリットがあります。

強く押し当てず、毛先で優しくクルクルするだけで洗浄効果が上がるので、顔全体の肌のトーンもあげてくすみも解消します。
毛穴汚れがなくなることで、毛穴が引き締まり有効成分が浸透しやすくなるので、顔全体の美肌効果がアップ♪

こんなケアをしている人は要注意!絶対やってはいけない、毛穴ケアのNG習慣

毛穴パック

鼻や頬の下にシートを張って一気に引きはがすといった力技です。角栓がごっそりぬけるし、とっても気持ちよいですが、これを頻繁に使用したり、一気に引きはがす行為は、毛穴を余計に広げてしまいます。
特に肌が弱い人は、本来剥がす必要のない角質が剥がれて、肌荒れがおこってしまうことも。
無理やり剥がすのではなく、優しくオフするようにしましょう。
もし、やっている場合は、必ず【収れん効果のある化粧水・パックでアフターケア】を忘れずに!
極力、このケアは避けましょう。

無理矢理毛穴から押し出す

ついついやってしまいがちですが、毛穴をつまんで角栓を出していませんか?
これは、毛穴周りの皮膚を傷つけるため、色素沈着してしまいシミになってしまいます。
肝心の毛穴もどんどん広がってしまうので、さらに汚れがつまりやすくなり、結局毛穴が目立ってしまうことに!

指は雑菌まみれなので、汚れが悪化してしまいます。
どうしても角栓を出したい場合は、美容皮膚科に行ってケアしてもらうようにしましょう。

ピーリングを毎日行う過剰ケア

角質がポロポロ落ちるピーリングを毎日行っていませんか?
毛穴の角質をしっかり落としてくれるので、かなり有効的なケアですが、使用頻度を守らず毎日行うと、ターンオーバーが間に合わず、肌が炎症を起こしてしまうことに!
キレイになってツルツルするからといって、やり過ぎは禁物です。
使用頻度はしっかり守りましょう。まあ、ケアしたあとは保湿を忘れずに!

オイルクレンジングを使用したメイク落とし

オイルクレンジングは、洗浄効果が高いため毛穴ケアに効果的♪かと思いきや、実はあまりよくない方法です。
毛穴の奥の皮脂が、オイルクレンジングでキレイになるころには、肌のバリア機能まで落としている状態です。
さらに必要な皮脂まで落としてしまうので、過剰分泌の原因にも!
クリームタイプのクレンジングが肌に優しく、汚れもするっと落ちるので、オイル系を使用している人は、クレンジングの見直しが必要です。

毛穴ケアは、1つ間違えると悪化していく一方!
正しいケアを継続することで、毛穴トラブルの解消効果は十分にあります。

諦めず、まずは自分のケアが本当に正しいのかをチェック!
クレンジング・洗顔料・基礎化粧品をしっかりと見直してみることからスタートしましょう。