毛穴が消える?!【注目】一発で美肌になれるファンデーションはコレ

女性のお肌の悩みでよく挙げられるのが、顔の毛穴が目立ってしまうということです。

例えば鼻や鼻の脇、あご、おでこなどお肌にはすべての場所に毛穴がありますがそれが開くとなんとなく汚いイメージになります。毛穴の原因はいろいろですが、生活が少し忙しくなったり食生活が乱れただけですぐに目立ってきてしまうという人も多くいます。

このような毛穴の悩みを抱えている人は大変多く、悩んでいないという人の方が珍しいかもしれません。

毛穴に特化したファンデーション

そんな人におすすめしたいのが、まずは毛穴に特化したファンデーションを使ってみるということです。ファンデーションといってもたくさんの種類が売られていますが、中でも悩みに合わせた毛穴対策ができるものはカバー力が高いです。

マキアージュ

例えばおすすめなのは、資生堂のブランドマキアージュのパウダリーファンデーションです。

CMなどでもよく宣伝されているもので、ドラッグストアなどいろいろな場所で売っているので買いやすいです。

ムースのような質感でファンデーション特有の重たい感じがないのですが、しっかりと毛穴をカバーしてくれる代物です。
あまりにもつけた時の感覚が他の商品と違い、軽い感触なのでびっくりしてしまうほど使いやすいです。
ベースメイクの重たくなってしまうところが苦手、という人は多いですがそういった悩みも解決できます。

肌馴染みが非常によく、毛穴をかさっと隠してくれるので困った時にあるととても役に立ちます。
また、肌全体を均一に見せてくれるような効果もあります。
マキアージュのファンデーションは3000円程度とそこまで高くないですし、長く使えるのでコストパフォーマンスも良いです。

 

RMK

続いておすすめなのは、RMKのリキッドファンデーションです。

こちらも大人気商品でよくコスメ雑誌などに紹介されています。

リキッドというとかなり重たく、厚くついてしまいそうなイメージがありますが、このアイテムはそんなことはありません。薄くぬることもできますししっかりカバーすることもできます。
とても肌馴染みがよく、カサカサしたり白く浮いたりしないので肌にあった色を選べばかなり重宝するアイテムです。

基本的にはこれの前に化粧下地をぬってRMKのリキッドファンデーションをぬり、軽くパウダーでおさえればオッケーです。
さらにしっかりファンデーションでおさえる必要はありません。簡単に仕上げたい場合は化粧水などで肌を整えた後にこれを1つぬるだけでもナチュラルなメイクベースが完成します。

このファンデーションは5000円程度と少し高めではありますが、1回あたりの使う量が少なめなので3ヶ月から半年程度は使えます。そのため、そこまで高くはありません。特に毛穴のカバーがしっかりできるのが嬉しいアイテムです。

 

毛穴カバーの必須アイテム

続いて、もちろんパウダーやリキッドなどのファンデーションも大切なのですがその前にぬる化粧下地も毛穴カバーの必須アイテムです。

化粧下地を塗るか塗らないかだけで肌のきめ細やかさがかなり違ってきます。意外と使っていないという女性もいますが、一度使えばその大切さが分かるような縁の下の力持ちのようなアイテムです。
化粧下地でおすすめなのは、肌の負担が少ない低刺激タイプのものです。

オルビス

敏感肌の人でも安心して使える化粧下地

例えば無印良品やオルビスなどの下地は敏感肌の人でも安心して使えますし、しっかり肌を綺麗に見せてくれます。
プチプライスなものが多く、1000円程度で買えるお得なアイテムです。

 

ディオール

高いカバー力と高級感のあるお肌に仕上げる化粧下地

また、さらに高いカバー力が欲しいという人にはディオールの化粧下地がおすすめです。
ナチュラルな範囲で肌を補正してくれ、高級感のあるお肌に仕上げてくれます。

化粧下地は顔全体に使うものですが、よりナチュラルな雰囲気を目指すのであれば気になるところだけにぬるのもおすすめです。目の下、鼻のあたりなどはぬっておきましょう。

ここまでメイクアイテムによる毛穴カバーを紹介してきましたが、やはり一番はお肌そのものを綺麗な状態でキープすることがベストです。

かなり開いてしまった毛穴はどれだけメイクを駆使しても、近づいてみるとどうしても分かってしまいます。
一度毛穴が開くとなかなか元に戻すのは難しいですが、やはり日頃のケアを大切にしましょう。

例えば洗顔の後に水で仕上げの洗顔をして毛穴を引き締めたり、毛穴対策のできる化粧水などを使ったり、そういったちょっとしたことでかなりお肌の状態は改善されます。

また、さらに大切なのは食生活と睡眠です。
食生活は野菜をたくさん口から取るということと、脂肪分や塩分の多い食生活は避けるようにしましょう。

睡眠は時間を確保するのはもちろんですが、質もポイントです。忙しくてあまり眠れないという人はその質を上げるように快適な睡眠スペースをつくったり、深く眠れるような音楽を聴くなど工夫しましょう。

ちょっとしたストレスでも肌に影響を与えることは多いので、お肌に優しいライフスタイルを心がけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です