毛穴の開きは収れん化粧水で徹底ケア♪ぱっくり毛穴とさようなら!


さまざまなスキンケアの方法があり、それぞれの悩み別、お肌別で、選ぶ化粧品も変わってきます。
年齢肌の悩みの一つとして、毛穴の開きというのはよくあげられています。

ちなみに、そのほかの症状としても、しわ、しみ、たるみなどがあります。
こういった原因となっているのが、やはりコラーゲンの年齢とともによる減少です。

お肌で生成されているコラーゲンは、年齢とともに少なくなってきてしまいますし、それによって、細胞同士をつないでいるものがなくなっていってしまいますので、保水力がガクンと落ちてしまいます。
化粧水をつけても、なかなか浸透してくれないという状態になってしまうのです。

毛穴の開きというのも、このコラーゲンが減少してしまっている事で、開いてしまうということも原因の一つとしてあげられるのです。
ですから、お肌の内側からアプローチをしていくことを考えて、まずはコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどの成分を、インナーコスメと言われているサプリメントやドリンク、そして注射などで摂取していくことは大変有効です。
そうすることで、化粧品を使ったときに、浸透しやすくなるというメリットがあります。

ちなみに、毛穴の開きが気になる場合には、収れん化粧水を使っていく事をおすすめします。

収れん化粧水とは

収れん化粧水は、引き締め効果がある化粧水なのですが、成分として
ビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、リン酸アスコルビルNaなど)、有機酸タンニン酸、クエン酸、乳酸など)、植物抽出エキスタンニン酸、クエン酸、乳酸など)、アルコール(エタノール、メントールなど)などが含まれていることが多いです。

これらの成分が含まれた収れん化粧水を使っていくことで、毛穴がきゅっと引き締まり、引き締まることで同時にたるみなどもケアしていくことができます。

また、乾燥が気になる方でしたら、収れん化粧水に保湿成分が含まれている物を選んでいきますと安心です。

有効な保湿成分としては
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン・プラセンタ
などがあります。

毛穴が開いていることで、ファンデーションをしても目立ってしまって、とても気になってしまいます。

ファンデーションも詰まりやすくなりますし、さらにクレンジングも丁寧にしていかなければならないという注意点もあります。

お肌に合った利用法

ちなみに、収れん化粧水を使った方が良いお肌のタイプの方、出来れば使わない方が良いお肌の方がいます。

使った方が良いタイプとして

  • 皮脂が多く、毛穴が開きがちな肌の方
  • 汗でメイクが落ちてしまうのが気になる夏の時期
  • 肌のたるみが気になる方などがあげられます。

こういったお肌のタイプの方は、積極的に収れん化粧水を使っていくことをおすすめします。

逆に使わない方が良いお肌のタイプの方もいます

  • 肌が敏感になりやすい方
  • 乾燥しやすい方
  • 肌荒れがある方は出来れば控えた方が良いでしょう。

アルコール成分が含まれていることが多いということもあり、敏感肌の方は赤くなってしまったり、アレルギー反応を起こしてしまうこともありますので、パッチテストなどをしてから使うようにした方が良いでしょう。

お肌を引き締めることができるという効果が期待出来る収れん化粧水ですが、トータル的なケアのことを考えたときに、 やはり保湿を意識したケアもプラスしていくということは大事です。

年齢肌のサインとしてでてしまう、しわ、しみ、たるみなどのサインがありますが、これらは乾燥が主な原因となってしまいます。
ですから、保湿をすることで、その乾燥状態を改善していくことができますので、収れん化粧水に保湿成分が含まれているものであったり、美容液で保湿成分を追加していくということも重要です。

みかんのようなぶつぶつとした肌は、やはり女性としては気になるものです。

ベースメイクをする際には、その前にしっかりと化粧水で潤いを与えてからというのが基本ですが、その際に収れん化粧水を使っていくことで、毛穴を引き締めて、きゅっとさせていくことができます。

さらに、下地もきちんと使ってファンデーションを使うということは基本になっていきます。

引き締め効果がある収れん化粧水を使っても、毛穴がなくなるわけではありませんので、やはりファンデーションを使う際には、下地は必須になりますし、もちろん汗や皮脂が出てしまった時に、それを抑えるタイプのものもありますので、有効です。

また、成分的に、添加物があまり含まれていないものを選ぶというのも、敏感肌の方の対応としておすすめです。

一般的にはアルコールが含まれていることが多いのですが、アルコールフリーでお肌に優しいタイプのものもあります。

また、保存料が含まれていないものですと、お肌にも負担があまりかかりません。

まとめ

成分なども良くチェックして、自分のお肌に合ったものを使っていくようにしていくと良いでしょう。
口コミなども参考に選んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です