身近なもので毛穴ケア♪セスキ炭酸ソーダの正しい使い方教えます☆


毛穴の黒ずみは目立つため気になるものです。解決するためにパックなどをやっても黒ずみは中々解消しないため悩みのひとつになっている人は少なくありません。

エステに行き施術してもらうことで肌はキレイになることはわかっていても費用が高額なので躊躇してしまいます。
実はエステに行ったり高額な化粧品などを使わなくても手軽に毛穴の黒ずみを解消することができます。セスキ炭酸ソーダを使っての洗顔は、手軽に毛穴の汚れを解消することが期待できる方法なのです。

セスキ炭酸ソーダ

重曹も毛穴の汚れを落とすには効果的ですが、重曹よりも効果が期待できるセスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ度が高く、メイクや皮脂の油汚れ、角質や老廃物のタンパク質の汚れなど、どの汚れであっても落とすことが魅力なのです。

黒ずみなどの汚れは、タンパク質の汚れが7割程度でメイクなどの油汚れは3割程度なので、これらの汚れに協力に対応できるセスキ炭酸ソーダは効果的と言えます。
重曹よりも粒子が細かいため洗顔時に肌に摩擦で刺激を与えることは重曹よりも少ないのもメリットのひとつです。

  1. セスキ炭酸ソーダを使っての洗顔方法は、少量の水で溶いてセスキ炭酸ソーダを溶かした水で洗顔料を洗顔ネットなどを使いよく泡立てます。
  2. 毛穴の汚れが目立つところに泡を置いて指の腹で円を描くように洗います。ピンポイントで洗い、残りの泡を顔全体に馴染ませて通常の洗顔のように洗い、成分が肌に残らないようにしっかりとすすぎます。
  3. 洗顔後は肌に水分が残って蒸発しやすくなっているため、優しくタオルで水分を拭いたら早めに化粧水などスキンケアで保湿をします。

毛穴が黒ずむ原因は・・・

そもそも毛穴が黒ずむ原因は、古い角質や皮脂汚れなどがつまり角栓ができ角栓が空気に触れて酸化し黒ずみとなるためです。
他の原因もあり、酸化した角栓が毛穴を刺激して入口が刺激によってメラニン色素が増えて黒くなってしまったり、自己流で指などで汚れを押し出すことで、汚れが無くなった後の穴が深く黒く見えることもあります。
黒ずみを改善するためには、毛穴から角栓を取り除いて引き締めることが大切です。

そのためセスキ炭酸ソーダを使った洗顔で汚れを落として日々のスキンケアなどで肌を引き締めることは必要なことです。
汚れを取り除き、化粧水などで肌を引き締めることは必要なことですが、アルコール入りの収れん化粧水を使うことは避けます。
収れん化粧水に含まれているアルコールは蒸発する際に肌に水分も奪われてしまい、肌の水分の蒸発は酷くなってしまい乾燥により毛穴が開いてしまうのです。

アルコール入りの収れん化粧水で肌を引き締めるというよりも保湿成分が配合されているスキンケアで肌を保湿して肌の盛り上がりで肌を引き締めるというほうが効果的です。

保湿はしっかりと!

肌の乾燥は肌にハリがなくなり毛穴が広がって見える要因になるため、保湿は欠かさないようにします。そのためメイクする前にも保湿をしっかりと行い肌をふっくらとさせることが大切です。
またメイクを落とすことで黒ずみ対策になるため洗顔は重要なポイントです。

メイクで汚れが残っていると黒ずみとなり改善も難しくなってしまいます。汚れをしっかり落とした後は保湿効果のあるスキンケアで保湿もします。

おすすめできない方法

特に鼻などの黒ずみは目立つため気になるものですが、対策としておすすめできない方法もあります。

・剥がすタイプのパック
小鼻に貼るパックがありますが、これは汚れがごっそりととれることを確認できることもあり使っている人もいますが、この剥がすタイプのパックは必要な角質まで剥がしてしまうためおすすめできない方法のひとつです。

パックして剥がすと角質もとれ、肌は肌を守るために皮脂分泌が逆に盛んになってしまい開いた毛穴に汚れが溜まりやすくなってしまうのです。

・スクラブ系の洗顔料
パックをするなら炭酸パックやクレイパックは効果的ですが、手軽にできる剥がすタイプのパックは肌にも良い効果はないのです。またスクラブ系の洗顔料も肌に刺激を与えることに繋がるため良い方法とは言えません。

スクラブ系の洗顔料は毛穴の汚れを落とすイメージがありますが、汚れを落とすためにスクラブで肌をこすり過ぎてしまい摩擦や刺激を不必要に肌に与えてしまうことになるのです。洗顔で汚れをとるには吸着力のあるキメ細かい泡で優しく洗顔を続けることで徐々に毛穴の汚れは落ちていくものです。

まとめ

吸着力のあるキメ細かい泡で洗顔しても小鼻の黒ずみが気になる場合は、セスキ炭酸ソーダで黒ずみが気になる部分を洗顔することで黒ずみを解消することができるのです。

気になる毛穴の黒ずみなどケアにはセスキ炭酸ソーダを正しく使って洗顔すると黒ずみを手軽にとる方法ですが、せっかく綺麗にした肌を再度黒ずませないためには、洗顔後のスキンケアで保湿して肌をふっくらとした状態を保つことが大切です。

またメイクをしっかり落としたり、肌のターンオーバーも肌を健やかに保つためには大切なので良質な睡眠をとったり、日々のストレスを軽減したり消化することも肌の状態を良く保つためには大切なことで、これは毛穴の汚れ対策にも繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です