毛穴のたるみは老化の証!アンチエイジングで今すぐたるみ解消!

毛穴のたるみは老化の証!アンチエイジングで今すぐたるみ解消!

ファンデーションを塗る前や洗顔後の顔の肌を見て、どことなく毛穴が長細くくぼんで肌全体がたるんでいるように感じたことはありませんか?年齢を重ねるにつれて出てくる「毛穴のたるみ」。そのせいで実際の年齢よりも上に見られてしまうことがあります。このたるみはなぜできるのか、少しでも若く見せるにはどうしたらいいのかを、ご紹介していきましょう!

毛穴のたるみとは?

【かたち】

顔の毛穴を観察してみましょう。毛穴が開いているときや毛穴に皮脂汚れが詰まっているときの毛穴のかたちと、たるんでいるときの毛穴のかたちって違うんです。30~40歳になったころから頬を中心に急に目立つようになってくるのが毛穴のたるみ。涙・滴のように長細く見えるのが特長です。

【確認方法】

毛穴が気になるときは、その部分を指で引っ張ってみましょう。毛穴が見えなくなるならそれは「たるみ」です。毛穴が開いているときや皮脂汚れが詰まっているときは、引っ張っても変化がありません。髪の毛をポニーテールなどにして上のほうで結ぶと、顔の皮膚が引っ張られますよね。もし、毛穴が目立たなくなるようならそれはたるんでいる証拠です。

「涙型毛穴」はなぜできる?

【原因】
涙型毛穴は、肌の弾力が少なくなってきていることが原因。指で引っ張ると見えなくなるように、肌にハリがあれば発生しないものなのです。肌の奥には、真皮曹と皮下組織があります。

真皮層とはコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などで構成されている層のこと。加齢・紫外線・活性酸素などが原因でこれらの成分が減少すると、層の役割が果たせなくなり水分を保つことができません。つまり、肌のハリがなくなるということですね。

【肌全体に及ぼす影響】

毛穴のたるみは、小鼻あたりから頬にかけて広がっていきます。おでこやあごなどとは違って顔中心の部分にあたるため、人目につきやすい場所でもあります。

また、毛穴と毛穴がつながっているような縦長のかたちをしているので、小ジワのように見えてしまうことも。保湿機能を失うと、真皮の下にある皮下脂肪・表情筋が硬くなっていくので、皮膚は重力に逆らえず下に落ちようとします。すると、毛穴のたるみがどんどん拡大。ほかの毛穴と連結してしまうため、肌全体にシワが増えたように見えるのです。

毛穴のたるみを解消!どんなことをすれば良い?

毛穴のたるみは、少しずつ解消していくことができます。さまざまな対策がありますが、毛穴ケア・普段の生活・マッサージなどについて見ていきましょう。

【コラーゲン・エラスチンを強化】

毛穴のたるみには、原因となった「コラーゲン」「エラスチン」の減少を改善させることが重要です。これらの成分が増加すれば肌のハリと弾力が戻り、皮膚が重力に従って下に落ちません。では、実際に毛穴に効果のある商品をいくつかご紹介していきましょう。

*レチノール(TUNEMAKERS)

このエッセンスは、コットンや普段使用している化粧水と混ぜてパッティングをすると、ピンッとした肌の感じが取り戻せます。レシチンでナノ化した黄色い液体。レチノールはビタミンAの一種でコラーゲンやエラスチンを高める効果があります。

すぐにモチモチ感が得られるので、夜の洗顔後につけて睡眠をたっぷりとれば、翌朝毛穴のたるみが引き締まっていますよ。

*ローション(モイスト)N(フレッシェル)

ローションNは、ナイアシン配合の保湿化粧水です。ナイアシンとはビタミンB3のこと。コラーゲンを増やす機能があるため、化粧水・美容液に多く含まれている成分です。保湿によって角層深くに水分がたっぷり染み込むため、弾力のある肌が手に入れられます。ビタミンC誘導体配合の化粧水より肌への刺激が弱いことがメリット。敏感肌の人でも安心して使えます。

*クリスタルエッセンス(トゥヴェール)

クリスタルエッセンスは、上質なビタミンC誘導体をほかの美容液よりもたっぷり配合している美容液です。ビタミンCには、コラーゲンをつくるために欠かせない酵素をサポートする役割が。しかし、ビタミンC自体を化粧水などに配合しても効果を発揮しにくいため、人工的に改良されたのが「ビタミンC誘導体」です。

化粧水をつける前にクリスタルエッセンスを使うと毛穴が引き締まり、たるみを解消させます。ビタミンC誘導体配合の化粧水と一緒に使うと、さらに効果UPが期待できますよ。

*ダーマパワーX リフトクリーム(オバジ)

コラーゲンとエラスチンが配合されているフェイスクリームです。伸びが弱いので手に取って肌につけながら、ぐんっと持ち上げるようにマッサージをします。塗った直後にピンッとハリが出るのを実感できます。

*DSリフト&タイト コンセントレート(KIEHL’S SINE 1851)

もともと肌にあるコラーゲン・エラスチンにはたらきかける美容液です。肌の引き締め効果があるダイズタンパクや、コラーゲンのはたらきを補助する酵母エキスが配合されています。軽いテクスチャで肌になじませやすいのが特長。使い続けることで徐々に毛穴が引き締まり、たるみが解消できます。

【古い角質を取り除く】

毛穴のたるみを解消するには、コラーゲン・エラスチンを増やすだけでなく、もともとの肌に不必要なものを取り除く必要があります。古い角質を取り除く「ピーリング」。美容外科などで徹底的に治療をするのも1つの方法ですが、お家で手軽にやりたいなら、角質ケア商品を使用しましょう。

*ロゼットゴマージュ(ロゼット)

洗顔後に水気をふきとったあと、肌に塗って手のひらでマッサージすると、ポロポロと古い角質が出てきます。果実AHAが作用して使用後は肌がツルツルに。化粧水の浸透やメイクのりを良くしたり、毛穴を小さくしてくれます。肌が敏感な人は、保湿成分を配合している「ロゼットゴマージュ モイスト」がおすすめです。

【たんぱく質・緑黄色野菜を多く摂る】

毛穴に直接ケアをするのも大切ですが、肌の内面・からだの内側からたるみを改善していくのも重要です。コラーゲンサプリなど、サプリでコラーゲンを増やすことは可能。それよりもまずは、普段の食事内容を見直すことが毛穴のたるみを解消させる近道です。

おすすめは、たんぱく質と野菜を同時に食べること。たんぱく質は体内でアミノ酸へ変化し、野菜に含まれている抗酸化ビタミンと合わさることで、真皮層のコラーゲンを作る原料になります。肉・魚などと一緒に野菜も食べるということですね。

【表情筋をストレッチ】

毛穴のたるみは、保湿を失った皮下脂肪・表情筋が下方へ落ちていくのが原因の1つであるということをご紹介してきました。お腹やお尻についた皮下脂肪は、加齢と共にたるんできますが、筋肉を鍛えれば改善します。顔についた皮下脂肪や筋肉についても同じこと。つまり、顔の筋肉を鍛えるときゅっと引き締まった顔を手に入れられ、たるみが改善するということです。

簡単に表情筋を鍛えるには、顔全体をほぐす運動がおすすめ。顔のすべてを鼻の先に集めるようなイメージで中央に縮めて5秒間キープし、次は反対に引っ張られるような感じで外側へ伸ばして5秒間キープします。顔全体がほんのり温かくなればOK。ほかにも、「あいうえお」と大きく口を開く運動がおすすめです。

まとめ

毛穴のたるみには、毛穴ケア商品や食べ物などで肌の外側・内側をケアする方法、そして、顔の筋肉を鍛えるが効果的だということがわかりましたね。毛穴のたるみが気になる人や防ぎたい人、顔全体を老けて見られたくない人は、ぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です